Toggle

求人

多様な働き方

多様な働き方

ドライバー不足って言われていますが、道路をみればたくさんのトラックが走っています。確かに全体の需要に比べて、これから車離れなどドライバーのなりてが減っていくかもしれません。でも、まだまだ働きたい人もいると思います。働く人にとってどんな会社が魅力的なのだろうか?いろいろと考えました。

高い給料が盛られる会社
休みが多い会社
自由な雰囲気がある会社
福利厚生がしっかりある会社
などなど

人にって様々な理由があるし、人によって優先順位も変わってきます。たくさんの給料がもらえるより休みが多い方が良いとか、家族の時間を大切にしたいとか、自分が何を大切にするかによって働き方が変わってくるかと思います。その大切なものを守れるようにしながら働ける環境を整えることが出来ないかと、多様な働き方を取り入れています。

変形労働制

変形労働制(週休3日、週休4日)

1ヵ月以内の一定期間を平均し、1週間当たりの労働時間が法定労働時間を超えない範囲内において、特定の日又は週に法定労働時間を超えて労働させることができる制度です。

通常は1週間に40時間 1日8時間を基本としていますが、週の労働時間を40時間であれば、一日を10時間にして週4日勤務にしたりなど、会社から見ると繁閑の時期の労働力のバランスをとることができたり、従業員から見れば出勤回数を調整することが出来ます。

介護をする人向け

老風雅手をつなぐ。数多くの人も面接をさせて頂いた中で、親御さんの介護によって仕事に制約を持っている人がたくさんいました。介護をしなくてはいけないために、仕事は制限されてしまうために正社員として勤務できず、契約社員などで不安定な生活になってしまう。生活費などが膨らんでしまい生活がきびしくなってしまう。一日の働く時間は少し長くなりますが、出勤日数を減らすことで、介護にかかわる時間が確保でき、正社員として安定した待遇が確保できます。

子育て世代

ワークライフバランスと言われますが、育児をする際に働く時間を制限したり調整したりして、両立させていきたいと考える方が多くなっています。特に女性の方は育児によって収入が不安定になったり、働く環境が途絶えたりとしがちです。そんな時にこの制度を活用することによって、正社員としての安定した確保できます。

アルバイト・パートタイム労働

経験者の能力を活かす。運転手を定年退職したが、年金の足しにしたいとか、やりたいことがあるので、フルタイムでは働きたくないが、運送経験があるので、安定的に仕事がしたいなど、要望に応じて、シフト制にするなど対応しております。

Return Top